FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
アオイシロからOP「闇の彼方に」

歌手: Rita / Haruka Shimotsuki



 歌詞

昇る月 揺れる水面に溶け
夜の静寂 波に呑まれ
満ちる潮 越えて漂うひと
深淵の 眠りに沈む

暗い世界を照らす
希望の星探して 明かり求め
そこに導いて 遠くに響け
あなたの声 わたしの声

闇の彼方に伸ばす 長い髪に絡む小指
指先があなた届くなら 誓った言葉が
涙流さず進む 何があろうとも進む勇気
失った何か戻るから 新たに問うから

波の狭間に生まれた 蒼い夜の帳破り
太陽が空白ませる 光が射し込む
明日の朝までこのまま 朝が開けるまで歩みやめず
手をつなぎ行く 旅する遠く
この夜をふたり この世界
何処までも


寄せる波 揺らぐ端境越え
砂を踏んだ 素足浸し
濡れる髪 伸ばす虜の日々
想い出の 約束遠く

深い水底沈む
凍った刻目覚めて 眠り終えて
流れ辿り着け 海を越えて
あなたのもと わたしのもと

闇の彼方に見える 暗い闇に沈む世界
暁の国を目指すなら 抜け出したいなら
塞(さい)の果てまで進む 境越えて進み行こう
境界が世界分かつから 新たな国まで

脚の痛みをこらえて 赤い色の花を散らし
海坂の上登るなら この坂仱暝饯?br> 明日の朝日が射し込む 朝が開ける果て目指して行く
その場所へ行く 見果てぬ遠く
この海をふたり この世界
何処までも


いつかそこに
必ず着く日が来るはず
遙か続く道を求め いつかのひかり求め
ふたりともに そこに


闇の彼方に光る
その星が瞳映るなら
何も迷わず進む
照らされた道が見えるから

凪の間に浮かんだ 淡い眠り溶けた生が
泡沫の夢生きるなら 胡蝶の夢なら
未来の目覚めに消え去る 現在の限りある時間の中
その前に行く最期まで ふたりで生きる

てのひらが 果てぬ闇が続く世でも
あなた握るなら わたしを放さず
何も恐れず進む 外へ向かい進んで行く
温もりが力くれるから 扉が開(あ)くから

八千の嵐に荒ぶる 深い淵に沈む声が
迫り来る潮越えたなら 苦しみ越えたら
闇の彼方を目指して 朝が開けるまで歩みやめぬ
離れずに行く 果てない旅路
青い糸路ふたり この世界
何処までも


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://singasong62326.blog14.fc2.com/tb.php/93-d32497a0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。