FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

恋姫から「無双恋華」





歌詞

吹き荒ぶ風に 切なさの果てに
無くしかけた夢 希望の光
熱い眼差しが 言葉より速く
この胸を焦がした日々 陽炎

置き忘れた 愛の記憶
ざわめく鼓動誘う ひと破片

咲いて 咲いて 巡り逢う為に
揺れながら 天下の宿命に舞う
握り締めた 指に隙間から
溢れる砂追いかけ 走り出す運命

無双恋華 瞼の影想い
時を架けて 鮮やかに咲く


優しさは痛み 反らした指先
胸に刺さる棘 抗う吐息
許されぬ愛が 消え失せるはどに
抱きしめた腕 解き 彷徨う

置き忘れた 涙の理由
悲しく微笑う頬に ひと雫

泣いて 泣いて 毀れた刃で
誓い合う 秘かに だけど強く(深く)
染まる 染まる 燃えるほど紅く
無双の奮う魂 咲き誇る恋華

抱いて 抱いて 廻り逢う度に
濡れながら 刹那の宴に酔う
愛しい 恋しい 繰返し
遠く響う雷鳴に似た 孤独の叫び

無双恋華 臉の影想い
時を架けて 鮮やかに散る

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://singasong62326.blog14.fc2.com/tb.php/73-096e3c9b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。