FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 Life is like a Melody
    歌:Lia







穏やかな風が吹くこの夏を
僕らだけの歌と名付け大切に仕舞った
狭い部屋過ぎ去る思い出と待ってた待ってたあの日と同じ空

ひとりで僕らは歩けるか 誰もいなくなってそれでも
手を取り過ごしてきた今日までをまだ見ぬ誰かの明日へと


伸びすぎた髪はもう束ねてる
古い映画のような出会いなどないまま
大切にしていくものはなに?
待ってる待ってるきっとあと数歩

ふたりになっても歩くんだ 強さは互いの心と信じた
うまく合わない足でもゆっくり歩けば揃った

ひとりになっても歩くんだ 誰もいなくなってそれでも
ふるえを忘れないこの命は希望を刻んで進むんだ

口ずさむのは僕らの歌 みんなで描いた青い空
もう合わすことができない足でも歩けば未来を目指すんだ



             あらすじ

 ある日鷹文が幼い子供を朋也の家に連れて来る所から始まる。この少女(とも)は、智代の父親と愛人の間に出来た隠し子であり、智代・鷹文とは異母兄弟という事になる。実の母親と共に暮らしていたが、父親に会いに行くという理由で坂上家に来た。偶然、最初に鷹文がともを見つけるのだが、ともを父親と母親に会わせる事により家庭が崩壊する事を恐れ(智代の父親はともを認知していない)、朋也の家に連れて行く。そこで、朋也にともの父親を演じてもらうように頼む。ともは、朋也を自分の父親、智代を義母(朋也の妻)と思いこむ事になる(智代を「パパのママ」と呼んでいる)。



 おまけのRPG『DUNGEONS & TAKAFUMIS』もよくやったなぁ~
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://singasong62326.blog14.fc2.com/tb.php/21-1371850a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。