FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


とある海賊王の気まぐれ

あたしは家族を失った土地を捨て
ひとり海へ
一艘の舟を勝手に借りて漕ぎ出した
波が荒れ 死ぬかと思った
気が付けば海賊船の上で

義手をかざす海賊が
「あんな舟じゃ自殺行為だ 海も狂ってきてる
 なんなら陸まで送ろう」
嫌だ! あんな忌まわしい居場所など二度と帰るもんか
ここで働かせてくれませんでしょうか!

海賊船はどんな波にも負けない 揺るがない
その厨房で食事係を任された
何人居るんだ? どれだけ作れば連中はお腹が膨れるのか

義手を愛でる海賊は海賊団の頭でみんなに慕われていた
海賊なんて名乗って格好だけつけてる優しい人
あたしもよく可愛がられた

でも奴らは船を見つけると
容赦なく襲い始めたんだ

返り血浴びた奴らが食料抱え戻ってきた
仲間になれたと思ってたのに 泣きながら
操舵室に駆け込み舵取り船を走らせた 岩壁に向け

義手の冷たい手のひらがあたしの頬を叩いていた
「生きるための犠牲だ」
でもそれは不公平だ 弱い者いじめだと言うと
「じゃあこれでどうだ」と服を脱ぎ捨てた

その体の半分はぼろぼろの鉄で出来てた
「俺も弱い者だ
 なあこれからはひとりでやってこうと思うんだが
 この様だ・・・連れが必要だ
 ちょうどいい おまえがついてきてくれないか」

ふたりを乗せた小さめの船がゆっくり沖へと進んでく
朝の光へと
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://singasong62326.blog14.fc2.com/tb.php/125-b8d4199b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。