FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


スポンサーサイト




白騎士物語 古の波動OP曲 旅人たち



光と闇の覚醒OP曲 戦場に咲いた一輪の花

組曲「惑星」より木星




グスターヴ・ホルスト(Gustav Holst/Gustavus Theodore von Holst, 1874年9月21日 - 1934年5月25日)は、イギリスを代表する作曲家の一人である。最も知られた作品は、管弦楽のために書かれた『惑星』(The Planets)であるが、全般的に合唱のための曲を多く遺している。またイングランド各地の民謡や東洋的な題材を用いた作品、吹奏楽曲でも知られる。





グスターヴ・ホルストの「木星」(管弦楽組曲『惑星』の第4曲)の主題の1つをモチーフにして吉元由美が詞を付けたものである。当初はノンタイアップだったが、その後はさまざまなテレビ番組やドラマ、CMの挿入歌等に使われる。
岩谷時子が「木星」に吉元由美とは別に「ジュピター」を作詞し、故・本田美奈子. が歌っていた。
CDデビューにあたって、ホルストの原曲に日本語の歌詞をのせて歌うことを提案したのは平原自身である。また、歌詞の一部には、平原綾香自らが書いた言葉“私の両手で何ができるの?”“ありのままでずっと愛されている”“いつまでも歌うわあなたのために”などが織り込まれている。

エリーゼのために

■ ベートーヴェン/バガテル「エリーゼのために」イ短調/演奏:園田 高弘



学校の怪談 音楽室編でよくきくクラシックの名曲です

ピアノの霊
ひとりでに鳴り出す古いピアノ…誰もいない音楽室からピアノの音が聴こえる。天井から滴る血が鍵盤を叩いていたというものも。
死を呼ぶ演奏…音楽室から「月光」や「エリーゼのために」などの曲が聞こえ、それを4回聞いた人は死ぬというもの。

月光



ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンのピアノソナタ第14番嬰ハ短調作品27の2『幻想曲風に』 (Klaviersonate Nr. 14 op. 27 Nr. 2 cis-moll "Quasi una Fantasia")は、ベートーヴェンが16番目に作曲した番号付きピアノソナタである。一般には『月光ソナタ』として知られており、ベートーヴェンの三大ピアノソナタのひとつに含まれる。

ベートーヴェンのピアノソナタでも人気がある曲のひとつであり、8番『悲愴』、23番『熱情』と並んで3大ピアノソナタと呼ばれることもある。

G線上の魔王からED「雪の羽 時の風」






歌詞

舞い上がる雪の羽抱きしめた密やかに

移りゆく時の風探してた昨日までの心で

あの空に木霊する泣き声は美しく
過ちを穏やかに鎮めてる

ひとりきり立ち尽くし
訳もなくこぼれ落ちた
涙さえ気付かないままで

遠くを見つめ続けて
いつまでも感じていたよ
誰もが夢に迷い
誰かを傷つけてる
それでもまた歩き続けて
明日を求むなら

後悔することさえ
恐れなくてもいいと
つぶやいてた
心の奥で
この胸を癒すように

遠ざかるあの頃の思い出は切なくて
失ったものたちの愛しさを
またここに連れてくる

お互いの中にあった
深い谷越えてゆくことも

出来はしなかったけれど
忘れない 君と見た空

孤独な旅人達 誰もがそう呼ばれて

一人きりで 歩き続ける
それでも信じたい
風の中に今でも 移ろい迷う心

きっといつか 取り戻せると
この願い 叶うように
失われたもの 消え去ってゆくものに

永遠の安らぎを告げてゆく

誰もが夢に迷い 
誰かを傷つけてる
それでもまた歩き続けて
明日を求むなら

後悔することさえ
恐がらなくていいと
つぶやいてた 心の奥で
この胸を癒すように

ずっと覚えてる
君と見た夢を
きっといつの日か
心重なって
たったひとつだけ 二人見た夢が

きっといつの日か 響きあう時まで

明日咲く花 
 歌:奥華子









獣の奏者から「夜明けの鳥」








歌詞

並べ枕の 愛しきわが子
今宵も眠れ

並べ枕の月の夜には
蛙の声も

夜明けの鳥よ声が流れて
しじまを乱す

なくな夜明けの鳥よなくな
そなたの声を思い出すから

眠る吐息にあさぎに踊る
今宵も眠れ愛しきそなたよ
獣の奏者エリンから「青い星」
 歌:Cossami




歌詞

風が強く吹いて、森から森へ
何もかも遠くへ 吹き飛ばしてしまう

もうすぐ嵐になる 野原をこえて
私のところにも やってくる

星が動いている 山から山へ
星屑のメッセージ 数え切れないほど

もうすぐ季節が過ぎ 人は生まれる
あなたにもきっと届く 流れ星

なぜ人は旅立つの? 道を探して
風や星は騒ぎ 教えてくれる

もうすぐ嵐が来る 風にも負けず
私は星を見て 旅に出る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。